月餅90年

中国の月餅との出合い

1925(大正14)年、新宿に百貨店が出店し、中村屋は打撃を受けました。創業者の相馬愛蔵・黒光(こっこう)夫妻は中国に視察旅行に行き、その打開策のヒントを見つけます。この旅行でラマ僧に出会い、中国では8月15日の夜、「月餅」を月前に供えるとともに、親しい人たちで盛んに贈答が行われるという話を聞きます。なんとなく日本の風習に似ていると感じた創業者は、この菓子を日本への土産にしようと決めました。

中村屋の月餅の発売

しかし、持ち帰った「月餅」は日本人の口にはなかなか合いません。それに愛蔵には「模倣を排す」「独創性」という考え方があったので、「中国の月餅」を「和菓子としての月餅」に仕立てることにしました。油っこさを除き、皮の口当たりを良くし、形態美をつけ、改良を重ねて発売したのが1927(昭和2)年でした。 発売当初は中国の風習にちなみ、8月(1カ月)だけの限定発売でしたが、愛好者が増え、後に一年を通して発売することとなりました。

月餅誕生後の出来事

1927(昭和 2)年
月餅の誕生

1937(昭和12)年

戦中のため原料の輸入が途絶え、月餅(種)の製造を中止

1941(昭和16)年

戦中の物資不足のため月餅(餡)の販売を中止

1945(昭和20)年

空襲で中村屋焼失

戦災による中村屋の焼け跡

1949(昭和24)年

月餅(餡)の製造、販売を再開

1952(昭和27)年

月餅(種)の製造、販売を再開

1953(昭和28)年

出張売店の1号店を伊勢丹老舗街に出店、「月餅」の実演コーナーを設置

1958(昭和33)年

「自慢詰合わせ」を発売

月餅、碌山、桃山を詰め合わせにした「自慢詰合わせ」(昭和36年)

1980(昭和55)年

「新宿中村屋銘菓撰」を発売

平成

2001(平成13)年

創業100周年の記念月餅を発売
「佰年之月」「喜福月餅」「栗月餅」
以降、季節の月餅を発売
「柚子月餅」「抹茶月餅」「果実の月餅」「月餅 中秋の名月」etc…

現在の栗月餅

2005(平成17)年

東京土産「東京小型月餅」を発売

東京小型月餅

2007(平成19)年

月餅専門店「円果天」が開店

月餅 円果天

2010(平成22)年

「水晶月餅」を発売

水晶月餅 水晶

2015(平成27)年

「円果天 Cafe」を発売

円果天Cafe 3種

2016(平成28)年

ご当地月餅(神奈川)を発売

神奈川限定月餅

100周年へ向けて

中村屋の代表的な銘菓である月餅は、お客様から「中村屋といえば"月餅"」との声を多く頂戴し、
贈答用やご自宅用としてご愛顧いただいております。
四季折々の季節の月餅や、お祝いごとには「祝」の文字をデザインした月餅、
地域の風景をデザインにしたご当地月餅など、用途に合わせた月餅を販売しています。

100周年に向け、用途に合った商品開発と、さらなる品質の向上を目指し、
様々な世代、様々なシーンでご利用いただける月餅を提供し続けます。