中村屋サロン美術館は年2回程度の特別展と、年数回のコレクションを中心とした展示を実施いたします。

【開催中の展覧会】

企画展示(9月9日~12月10日)

鴨居 玲《裸婦》1979年
鴨居 玲《裸婦》1979年 笠間日動美術館所蔵

  描かれた女たち        女性像に表された現実と夢

日本の絵画に表現される人体像は、西洋美術と出合うことにより明治以降大きく変わりました。その変化が如実に現れたのが女性を描いた絵画です。本展では、明治から現代までの女性を描いた絵画約30点を、女性の身体美に注目した「フォルム」、画家が実際の女性の存在を描いた「現実」、画家の想像力による理想の女性を描いた「夢」の3つのセクションに分けて紹介いたします。

基本情報

会期
2017年9月9日(土)~12月10日(日)
会場
中村屋サロン美術館 展示室1・2
開館時間
10:30~19:00(入館は18:40まで)
休館日
毎週火曜日
入館料
300円
 ※高校生以下無料(高校生は学生証をご呈示ください)
 ※障害者手帳ご呈示のお客様および同伴者1名は無料
協力
公益財団法人 日動美術財団

主な展示作品

岡田三郎助
《裸婦》1935年

安井曾太郎
《裸婦》1927年頃

岸田劉生
《麗子十六歳之像》1929年

藤島武二
《婦人像》1927年頃

絹谷幸二
《愛うつろい》1987年

森本草介
《微睡の時》1984年

※所蔵は全て笠間日動美術館

【その他の展示作品】
 熊谷守一、梅原龍三郎、寺内萬治郎、木下孝則、矢島堅土、宮本三郎、北川民次、里見勝蔵、佐分真、
 原 精一、佐々木豊、深澤孝哉、櫻井孝美、田村能里子、和田英作、田辺 至、熊岡美彦、三岸節子、
 荻 太郎、山本文彦

特別展示

中村屋所蔵の二人の「女」の絵画もあわせて展示いたします。藤島武二《伊太利の女》は当館初展示です。

中村 彝
《小女》1914年

藤島武二
《伊太利の女》1908-09年

  • 過去に開催した展覧会のご紹介          イベントのご案内はこちら
ページTOPへ