中村屋サロン美術館は年2回程度の特別展と、年数回のコレクションを中心とした展示を実施いたします。

【開催中の展覧会】

企画展示(3月18日~6月4日)

中村彝《小女》 1914年
  中村彝《小女》 1914年

中村彝 生誕130年記念             ~芸術家たちの絆展~

彫刻家 荻原守衛(碌山)亡き後の中村屋サロンの中心人物であった洋画家 中村彝の生誕130年を記念して、彝と彼の37年という短い生涯の中、友情で結ばれた芸術家たちの油彩画、素描、彫刻、書簡類など約50点をご紹介します。
彝の力強い作風と人望から、彼の周りには多くの芸術家が集まり、「絆」が生まれました。その作品と交友関係をお楽しみください。

基本情報

会期
2017年3月18日(土)~6月4日(日)
 ※一部展示替えあり
会場
中村屋サロン美術館 展示室1・2
開館時間
10:30~19:00(入館は18:40まで)
休館日
毎週火曜日(火曜が祝日の場合は開館、翌日休館)
入館料
300円
 ※高校生以下無料(高校生は学生証をご呈示ください)
 ※障害者手帳ご呈示のお客様および同伴者1名は無料

みどころ

【その1】
 中村屋のコレクションをはじめ、個人蔵を含む中村彝の貴重な油彩、素描など14点をご紹介します。

主な彝の作品

《友の像》1912年頃
個人蔵

《花と果実》1917年頃
株式会社中村屋蔵

中村彝作 ベッドに横たわる自画像

《ベットに横たわる自画像》
制作年不詳
株式会社中村屋蔵
展示期間:4/26~6/4

【その2】
 中村彝と絆で結ばれた8作家の作品と、彼らの交友を示す書簡を展示します。

・中原悌二郎
白馬会研究所で知り合い、彝と生涯の友となる

《若きカフカス人》1919年
公益財団法人 碌山美術館蔵

・曽宮一念
養父の死後、援助を受けていた実業家今村繁三の新年会で彝と知り合う

《桑畑》1912年
常葉美術館蔵

・鈴木良三
叔父の幼馴染である中村彝を尊敬し、生涯師事する

《荒海》制作年不詳
株式会社中村屋蔵

『その他作家』

・堀進二

・野田半三

・鈴木金平

・鶴田吾郎

・宮芳平



『書簡』

《曾宮一念から洲崎義郎へ》
1920年(部分)
新宿区立新宿歴史博物館蔵

・洲崎義郎

政治家・教育者。中村彝と曽宮一念らの作品の良き理解者であり支援者

  • 過去に開催した展覧会のご紹介          イベントのご案内はこちら
ページTOPへ