中村屋サロン美術館は年2回程度の特別展と、年数回のコレクションを中心とした展示を実施いたします。

【開催中の展覧会】

会場:展示室1・2

企画展示(2021年9月15日~12月5日)

  岸田劉生《自画像》1913年
    岸田劉生《自画像》1913年

     自身への眼差し 自画像展         Self-Portrait

「自画像」は、画家が自分自身の肖像を描いたものです。
伝統である日本画にはもともと「自画像」というテーマはありませんでした。自分を描くという明確な意図をもって描かれ始めるのは、幕末以降になります。明治に入ると美術学校の誕生によって西洋式の人体デッサンを学べるようになり、次第に画家たちが自己の内面を追求し、表現する手段として自画像が多く描かれるようになりました。

■本展では、明治から昭和にかけて活躍した画家たちの自画像約40点を一堂に会します。
それらを「明治初期の画家たち-再現描写の追及-」、「明治中期・後期の画家たち-自己の内面の表現-」、「大正・昭和の画家たち-公と個の間、関係性の中の自己認識-」と、時代ごとに3つの章に分け、画家と「自画像」の関係性が時代とともにどのように変容していったのかを追及していきます。


基本情報

会期
2021年9月15日(水)~2021年12月5日(日)
会場
中村屋サロン美術館 展示室1・2
開館時間
10:30~18:00(最終入館17:40まで)
休館日
毎週火曜日
※11/23は祝日のため開館し、翌24日を振替え休館と致します
入館料
300円
※高校生以下無料(学生証をご呈示ください)
※障害者手帳ご呈示のお客様および同伴者1名は無料
※リピート割引有り(会期中に当企画展の半券呈示で100円割引)
協力
公益財団法人 日動美術財団

展示会構成

第1章 明治初期の画家たち -再現描写の追及-


この時代の画家たちの多くは、客観的立場で対象を観察し、現実のありのままを描くとする自然主義的手法で再現描写を追求しています。「肖像画」の分野では、斜めまたは正面からとらえた像が多く、「自画像」もそれに従っています。

鹿子木孟郎《自画像》1928年

満谷国四郎《自画像》1933年

南 薫造《自画像》1930年

第2章 明治中期・後期の画家たち -自己の内面の表現-


日本近代の「自画像」は、明治中期になると徐々に変化がみられ、やがて自己の内面への探求を表現するようになっていきます。
絵画で描かれる像がモデルに似ているだけでは満足されず、写真ではできない表現が求められるようになっていったのです。

北川民次《画家の肖像》1931年

佐伯祐三《自画像》1917年

斎藤与里《自画像》1929年

第3章 大正・昭和の画家たち -公と個の間、関係性の中の自己認識-


絵画が作家の内面の表現となり、写真にはできない絵画だけの可能性が求められる動きの中で、1920(大正9)年頃から抽象表現が試みられるようになります。しかし、戦時色が強くなると思想や表現は制限され、画家個人と作品を社会的に問う公的な立場との関連を意識することを求められるようになりました。この時代に生まれた画家たちの、生きることへの希求と虚無感の深さは「自画像」からも感じ取れます。

木村忠太《自画像》1974年

古沢岩美《夜の自画像》1978年

城戸義郎《画家の部屋Ⅱ》制作年不詳

関連イベント

明治から昭和にかけて活躍した画家たちの自画像約40点を、時代ごとに3つのセクションに分け、画家と「自画像」の関係性が時代とともにどのように変容していったのかを、当館学芸員 太田美喜子が解説致します。当館ホームページよりアクセスし、ぜひご覧下さい。


<動画配信>

第1章明治初期の画家たち -再現描写の追及-
配信日時:2021.9/18(土) AM10:30~
第2章明治中期・後期の画家たち -自己の内面の表現-
配信日時:2021.10/9(土) AM10:30~
第3章大正・昭和の画家たち -公と個の間、関係性の中の自己認識-
配信日時:2021.10/30(土) AM10:30~

第1章 明治初期の画家たち -再現描写の追及-

第2章 明治中期・後期の画家たち -自己の内面の表現-

第3章 大正・昭和の画家たち -公と個の間、関係性の中の自己認識-


【開催予定の展覧会】

コレクション展示(2021年12月15日~2022年2月13日)

中村彝《小女》 1914年
  中村彝《小女》 1914年

  中村屋サロン

明治末から大正、昭和初期にかけて、新宿中村屋に多くの芸術家・文化人たちが集いました。
「コレクション展示 中村屋サロン」では、新宿中村屋にゆかりのある芸術家たちの作品を中心に、所蔵作品をご紹介しています。

基本情報

会期
2021年12月15日(水)~2022年2月13日(日)
会場
中村屋サロン美術館
開館時間
10:30~18:00(最終入館17:40まで)
休館日
毎週火曜日 および 年末年始
 ※年末年始は、2021.12/28(火)~2022.1/4(火)を休館
入館料
300円
 ※高校生以下無料(高校生は学生証をご呈示ください)
 ※障害者手帳ご呈示のお客様および同伴者1名は無料

みどころ

【展示室1】
中村屋は2021年12月30日、おかげさまで創業120周年を迎えます。
その軌跡について、創業者 相馬愛蔵・黒光夫妻を中心に、明治から昭和にかけて中村屋で生まれた
食や芸術、また当時の人間模様(関係性)等をご紹介します。

主な展示作品

《女》の制作に取組む
荻原守衛(碌山)

インド独立運動の志士
ラス・ビハリ・ボース

荻原守衛追悼会での相馬一家と
中村屋サロンの若き芸術家たち

みどころ

【展示室2】
中村屋に出入りしていた彫刻家 荻原守衛(碌山)や中村屋裏のアトリエで創作活動を行っていた画家の
中村彝、柳敬助などの作品をご紹介します。 また、碌山とアメリカ留学時代に知り合った親友 高村光太郎
の作品も展示いたします。

主な展示作品

中村彝《牛乳瓶のある静物》
1914年

柳 敬助《花》1912年

高村光太郎 《自画像》 1913年

新収蔵作品

留学先のパリで親友となった彫刻家 荻原守衛(碌山)らと
「中村屋サロン」を形成するとともに、大正期には岸田劉生、
高村光太郎らと反アカデミズムのフュウザン会を結成し日本
洋画界に衝撃を与えた齊藤与里。
与里独特の表現に行きつく前の、素直な筆触と美しい色彩が
魅力的な新収蔵作品《花》を展示いたします。

斎藤与里 《花》 制作年不詳



  • 過去に開催した展覧会のご紹介          イベントのご案内はこちら
ページTOPへ