中村屋サロン美術館は年2回程度の特別展と、年数回のコレクションを中心とした展示を実施いたします。

【開催中の展覧会】

コレクション展示(12月15日~2月24日)


 中村 彝《牛乳瓶のある静物》 1912年頃

 中村屋サロン

明治末から大正、昭和初期にかけて、新宿中村屋に多くの芸術家・文化人たちが集いました。「コレクション展示 中村屋サロン」では、新宿中村屋にゆかりのある芸術家たちの作品を中心に、所蔵作品をご紹介します。

基本情報

会期
2018年12月15日(土)~2月24日(日)
会場
中村屋サロン美術館
開館時間
10:30~19:00(入館は18:40まで)
休館日
毎週火曜日、12月31日~1月3日
入館料
300円
※高校生以下無料(高校生は学生証をご呈示ください)
※障がい者手帳ご呈示のお客様および同伴者1名は無料

みどころ

【展示室1】
 中村屋サロンの中心人物だった彫刻家 荻原守衛(碌山)や画家の中村彝の作品を中心にご紹介します。また、碌山とアメリカ留学時代に知り合った親友 柳敬助、高村光太郎の作品なども展示いたします。

荻原守衛(碌山)《女》
1978年鋳造

高村光太郎《自画像》
1913年

中村 彝
《小女》1914年

みどころ

【展示室2】
 中村屋で昭和8年から平成元年まで使用していた包装紙は、中村屋の美術顧問だった布施信太郎によるデザインでした。今回の展示ではその原画をご紹介致します。また、中村不折や會津八一揮毫の看板など、中村屋ゆかりの作品がお楽しみいただけます。

布施信太郎《四季包装紙》
1933年

中村 不折《中村屋(看板)》

會津八一《中村屋(看板)》

會津八一《中村屋(看板)》
1951年




【開催予定の展覧会】

企画展示(3月2日~4月7日)

中村屋サロン アーティストリレー第2回  及川聡子 展「(ヒカリ)()(キザシ)


《Incarnation》 2018年


 「中村屋サロン アーティストリレー」は2018年より始めた、作家の紹介でつなぐ展覧会です。第2回は、前回展示作家の日本画家 新恵美佐子さんからバトンを渡された、日本画家 及川聡子さんです。本展ではファンによく知られている湯気や煙を題材にした「水焔(すいえん)、香焔(こうえん)」シリーズから、近年より始めた人物画である「聴くひと」シリーズを展開します。


■中村屋サロン アーティストリレーとは ・・・

 「中村屋サロン アーティストリレー」は芸術家の紹介でつなぐ展覧会です。
明治末から昭和初期にかけて新宿中村屋で形成された芸術家・文化人達のつながり「中村屋サロン」を、アーティストの紹介によるリレーという形で今に表すとともに、新進芸術家に発表の場を提供いたします。
毎年2名に参加いただき、それぞれ次年に展示するアーティストを指名していただくことで、中村屋サロンのようにつながりを広げていきます。


基本情報

会期
2019年3月2日(土)~4月7日(日)
会場
中村屋サロン美術館 展示室1・2
開館時間
10:30~19:00(入館は18:40まで)
休館日
毎週火曜日
入館料
300円
※高校生以下および障がい者とその同伴者1名は証明書呈示で無料
※リピート割引有り
 (会期中に当企画展の半券を呈示すると100円割引)

主な展示作品

《香焔-時間》2015年

《水焔-透目》2017年

《聴くひと-夢》2018年

《寄り添う》2018年

< 作家コメント >

 洋の東西を問わず、世界の始まりを「(もや)のような混沌」として語る神話は数多くあります。
私も湯気や煙の姿に「世界-空間や時間の始まり」を想起し、(すい)(えん)(こう)(えん)シリーズの制作を続けています。
 今回は、(すい)(えん)(こう)(えん)シリーズに加え、最近はじめた「聴くひと」のシリーズを展示します。「聴くひと」が「聴く」 のは「幸福の知らせ」「福音」「美しいものが生じる萌し」である、という意図で制作しています。
 また、湯気や煙など「瞬時に消えていく」モチーフから、そこに「長く存在する」人物や動物を描くようになる過程で、誰か(何か)が重さや意思をもって、確かに存在するということに、あらためて心引かれるようになってきています。描きながら、誰か(何か)が、今、私の目の前に存在することは、とても特別で奇跡のようなことなのだ、と感じながら描いています。
 絵画の中の人物と共に、立体の人物像を展示し、不可視から可視、イメージから実在までを展示の中で叶えたい。私なりのささやかな創世記、神話の空間を作りたいと思っています。

及川聡子


企画展示(4月13日~5月12日)


《Blue sky 鳥の巣-生命のはじまり》1998~2000年

中村屋サロン アーティストリレー第2回  鈴木まもる展 「鳥の巣World」

「中村屋サロン アーティストリレー」は2018年より始めた、作家の紹介でつなぐ展覧会です。第2回は、前回展示作家の漆芸作家 染谷聡さんからバトンを渡された、画家・絵本作家・鳥の巣研究家 鈴木まもるさんです。
 本展では、造形的に美しい鳥の巣と、それらを作った鳥と鳥の巣の絵画をあわせて展示します。


■中村屋サロン アーティストリレーとは ・・・

 「中村屋サロン アーティストリレー」は芸術家の紹介でつなぐ展覧会です。
明治末から昭和初期にかけて新宿中村屋で形成された芸術家・文化人達のつながり「中村屋サロン」を、アーティストの紹介によるリレーという形で今に表すとともに、新進芸術家に発表の場を提供いたします。
毎年2名に参加いただき、それぞれ次年に展示するアーティストを指名していただくことで、中村屋サロンのようにつながりを広げていきます。


基本情報

会期
2019年4月13日(土)~5月12日(日)
会場
中村屋サロン美術館 展示室1・2
開館時間
10:30~19:00(入館は18:40まで)
休館日
毎週火曜日(4月30日は開館)
入館料
300円
※高校生以下および障がい者とその同伴者1名は証明書呈示で無料
※リピート割引有り
 (会期中に当企画展の半券を呈示すると100円割引)

主な展示作品

《生命をもとめて》2018年

《鳥の巣研究所 4》2018年

《サンコウチョウ》1998~2000年

キムネコウヨウジャクの巣

《キムネコウヨウジャク》
2001年頃

《Wish you ware here》
1998~2000年

< 作家コメント >

 鳥の巣は鳥の家ではありません。卵を産むときに作り、ヒナが巣立つと、もう使わず、雨や風で自然に壊れ、毎回新たに作るものです。
 約1億6千年前、小型の恐竜のうろこが変化して羽となり、鳥へ進化したと言われています。鳥は、空を飛ぶために体を軽くする必要から、体内に卵を保持することができないため、水からの体以外の場所に安全な空間が必要となり、鳥の巣を作るようになりました。
 地球という多様な環境の中で、様々な鳥たちが、一番大切なわが子の生命を守るために鳥の巣を作っています。誰に教わることなく本能の力で作るそれらの鳥の巣は、無駄がなく造形的にも理にかない、繊細で不思議な美しさに満ちています。
 多様な地球環境に適応してできた多様な鳥の巣。造形として不思議で美しい鳥の巣の魅力を、世界から収集した実物(使い終わった物)と絵画で伝えます。

鈴木まもる
  • 過去に開催した展覧会のご紹介          イベントのご案内はこちら
ページTOPへ