中村屋サロン美術館は年2回程度の特別展と、年数回のコレクションを中心とした展示を実施いたします。

【開催中の展覧会】

コレクション展示(12月14日~2月24日)

中村彝《小女》 1914年
  中村彝《小女》 1914年

  中村屋サロン

明治末から大正、昭和初期にかけて、新宿中村屋に多くの芸術家・文化人たちが集いました。
「コレクション展示 中村屋サロン」では、新宿中村屋にゆかりのある芸術家たちの作品を中心に、所蔵作品をご紹介しています。

基本情報

会期
2019年12月14日(土)~2月24日(月)
会場
中村屋サロン美術館
開館時間
10:30~19:00(入館は18:40まで)
※12/30は18:00閉館(入館は17:40まで)
休館日
毎週火曜日、12/31~1/3
入館料
300円
 ※高校生以下無料(高校生は学生証をご呈示ください)
 ※障害者手帳ご呈示のお客様および同伴者1名は無料

みどころ

【展示室1】
 中村屋に出入りしていた彫刻家 荻原守衛(碌山)や中村屋裏のアトリエで創作活動を行っていた画家の中村彝や、柳敬助などの作品をご紹介します。また、碌山とアメリカ留学時代に知り合った親友 高村光太郎の作品も展示いたします。

荻原守衛(碌山)《女》
1910年 1978年鋳造

柳敬助《諏訪湖畔雪景色》
1923年

高村 光太郎《自画像》
1913年

みどころ

【展示室2】
 中村屋で昭和8年から平成元年まで使用していた包装紙は、中村屋の美術顧問だった布施信太郎によるデザインでした。今回の展示ではその原画をご紹介致します。
また、中村不折や會津八一揮毫の看板など、中村屋ゆかりの作品がお楽しみいただけます。

布施 信太郎《包装紙原画》
1933年

中村 不折《中村屋(看板)》

會津 八一《中村屋(看板)》
1951年



【開催予定の展覧会】

企画展示(2月29日~4月5日)


《梅の木 1907》 2019年

中村屋サロン アーティストリレー第3回  浅見貴子 展 「変容のプロセス」

「中村屋サロン アーティストリレー」は2018年より始めた、作家の紹介でつなぐ展覧会です。
第3回は、前回展示作家の画家 及川 聡子さんからバトンを渡された、画家 浅見 貴子さんです。本展では季節や年を経て変容する姿を描いた「梅」シリーズを始め、網戸越しの情景を描いた「gray net」シリーズ等を展開します。



■中村屋サロン アーティストリレーとは ・・・

 「中村屋サロン アーティストリレー」は芸術家の紹介でつなぐ展覧会です。
明治末から昭和初期にかけて新宿中村屋で形成された芸術家・文化人達のつながり「中村屋サロン」を、アーティストの紹介によるリレーという形で今に表すとともに、新進芸術家に発表の場を提供いたします。
毎年2名に参加いただき、それぞれ次年に展示するアーティストを指名していただくことで、中村屋サロンのようにつながりを広げていきます。


基本情報

会期
2020年2月29日(土)~4月5日(日)
会場
中村屋サロン美術館 展示室1・2
開館時間
10:30~19:00(入館は18:40まで)
休館日
毎週火曜日
入館料
300円
※高校生以下および障がい者とその同伴者1名は証明書呈示で無料
※リピート割引有り
 (会期中に当企画展の半券を呈示すると100円割引)

主な展示作品

《梅 1101》 2011年

《精 2000.1》 2000年

《gray net 170301》 2017年

《花蘇芳 1902》 2019年

< 作家コメント >

 庭の古い梅の木を何度か描いています。昨年、冬の日差しを受けて滑らかに光る太い枝に気づきました。天に向かって勢いよく伸びる新芽も出ていました。
 木は、私が子供の頃から棒で支えられていて、幹は空洞で、根元近くで裂けていました。2010年の3月には幹の上半分が折れましたが、枝はますます方々に伸びて夏には葉に覆われました。枝葉が幹を支えているような感じが面白いと思い、枝が観察できる冬に描きました。その時にはこの光る枝はそれ程太くなく目立ちませんでした。
 あらためて木の全体を見ると、数年の間に幹は板を裂いたようにスカスカになっているものの、左右に腕を伸ばしたような形になったその先に、新旧の枝が密集した塊があって、支えの棒にもたれかかっているような感じでした。崩壊寸前だと思いました。
 ところが、春先には薄紅色の八重咲きの花を咲かせて、やがて葉に覆われ、梅雨時には充満した空気と共に有るようでした。
 葉が落ちて、崩れそうな幹と艶やかな枝が、再び剥き出しになっています。

浅見 貴子

企画展示(4月11日~5月10日)


《ダブルファン》 2015年

中村屋サロン アーティストリレー第3回  布施知子 展
「折り紙、その向こうへ」

「中村屋サロン アーティストリレー」は2018年より始めた、作家の紹介でつなぐ展覧会です。
第3回は、前回展示作家の画家・絵本作家・鳥の巣研究家 鈴木 まもるさんからバトンを渡された、折り紙作家 布施 知子さんです。本展では、人気のスネークや箱シリーズ、平折りなどを展開します。


■中村屋サロン アーティストリレーとは ・・・

 「中村屋サロン アーティストリレー」は芸術家の紹介でつなぐ展覧会です。
明治末から昭和初期にかけて新宿中村屋で形成された芸術家・文化人達のつながり「中村屋サロン」を、アーティストの紹介によるリレーという形で今に表すとともに、新進芸術家に発表の場を提供いたします。
毎年2名に参加いただき、それぞれ次年に展示するアーティストを指名していただくことで、中村屋サロンのようにつながりを広げていきます。


基本情報

会期
2020年4月11日(土)~5月10日(日)
会場
中村屋サロン美術館 展示室1・2
開館時間
10:30~19:00(入館は18:40まで)
休館日
毎週火曜日
入館料
300円
※高校生以下および障がい者とその同伴者1名は証明書呈示で無料
※リピート割引有り
 (会期中に当企画展の半券を呈示すると100円割引)

主な展示作品

《スネーク2》 2015年

《箱いろいろ》 2019年

《曲扇》 2018年

《虹》 (部分)2016年

< 作家コメント >

何かの形を写しとるのではなく、「紙を折る」ことでのみ生み出される形がある。
予想されない美しさが現れることもある。
その美しい面白い形を、折り紙からの贈り物として、みんなと分かち合いたい。

布施 知子
  • 過去に開催した展覧会のご紹介          イベントのご案内はこちら
ページTOPへ