チキンカリー レシピ

  • 調理時間:100分(蒸らし時間除く)
  • 辛さ:辛口

中村屋のインドカリーは昭和2年発売の伝統商品です。そのインドカリーに近い味をご家庭でも召し上がって頂けるようアレンジしたのが今回ご紹介するチキンカリーです。
骨付き鶏肉を使用することで骨からも美味しいダシがとれ、コクのあるソースが出来上がります。無ければ手羽でもOKです。使用するスパイスのクミンとローリエは、鶏肉独特の臭みを消し、カリーに香りをつけます。
玉ねぎさえうまく炒められれば後は簡単!!ぜひお試しください。

[ 栄養成分(1人前) ]

エネルギー(ライス抜き) たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
621kcal 25.2g 45.0g 28.5g 2.9g
  • ※分量は目安です。
  • ※“さじ”はすりきりです。

[ 材料(5人前) ]

材 料 分 量
にんにく 1かけ(8g)
しょうが 1かけ(15g)
玉ねぎ 中2個(400g)
にんじん 中1本(120g)
じゃがいも 中2個(320g)
トマト 中1個(150g)
鶏もも肉
(骨付きぶつ切り)
750g
プレーンヨーグルト 150g
400cc

[ スパイス・調味料(5人前) ]

スパイス・調味料 分 量
無塩バター 120g
クミン(ホール) 小さじ1/2
ローリエ 5枚
カレー粉 大さじ5杯
ブイヨンキューブ 1個
小さじ2杯
ガラムマサラ 小さじ1杯
カイエンペッパー
  • 辛さを追加する場合にお好みで入れてください

[ 下ごしらえ ]

  • にんにく、しょうがはみじん切りにする
    玉ねぎは粗めのみじん切りにする
    人参、じゃがいもは皮をむき、人参はすりおろし、じゃがいもは10コ位に切る
    トマトは1cm角のさいの目に切る

    POINT
    玉ねぎは1cm角位の大きさに。あまり小さいと水が出てしまい、うまく炒められません。
    スライスにしてもやりやすいと思います。

[ 作り方 ]

  • 1

    厚手の鍋にバターを入れて中火で熱する。バターが溶けてフツフツとしてきたらクミンとローリエを入れ、バターの中で煮るような感じで2~3分炒める

    POINT

    ローリエは鍋に一枚ではなく人数分入れましょう。

  • 2

    玉ねぎを加え強火で炒める。 透明になってきたら中火にし、バターで軽く揚げるような感じで薄い褐色(キャラメル色)になるまで15~20分炒める。

    POINT

    焦がさないポイントは厚手の鍋を使うことと常にかき混ぜること。玉ねぎの水分を飛ばし、揚げ炒める感じなので火は焦げない程度に強めに。炒める時間は鍋によって変わってくるので玉ねぎの色を目安にしましょう。

  • 3

    弱火にし、にんにく、しょうがを加えて2~3分炒めたら人参を加え3~4分炒め合わせる

  • 4

    鶏肉を入れ、混ぜ返しながら玉ねぎにからめるようにして炒める

  • 5

    鶏肉が白くなってきたらカレー粉を加え、混ぜ合わせ炒める

    POINT
    粉のスパイスは焦げないよう、具材の上に落としましょう (鍋に直接当たると焦げやすくなります)
  • 6

    よく撹拌して滑らかになったヨーグルトを加え混ぜ合わせ、トマトも加える

    POINT
    ヨーグルトは良くかき混ぜて入れないとダマになってしまいます
  • 7

    水を3回に分けて加え、ブイヨンキューブ、塩を入れる

  • 8

    強火にし、一煮立ちしたら火を弱め、フタをして30~40分煮込む。 時々木べらなどで鍋底からかきまぜる

  • 9

    火を止めてガラムマサラを加え混ぜ、フタをして30分蒸らす。この間に電子レンジでじゃがいもを加熱し、鍋に加える

    POINT
    じゃがいもは軽くラップをしてやわらかくなる程度に温めてください
  • 10

    再度温めて、お皿に盛付をする

    POINT

    仕上げに、辛さを加えたい場合は、カイエンペッパーを追加してください。


ページTOPへ