カキカリー レシピ

  • 調理時間:110分(蒸らし時間除く)
  • 辛さ:中辛

冬の味覚“カキ”をふんだんに使ったカキカリー。カキの旨みを逃がさずカレーを仕上げる調理法をお教えします。 また、今回はカレー粉やカレールーは使用せず、個々のスパイスを混ぜ合わせて作ります。 ホールスパイスははじめ(スターター)に、粉は中盤(ミドル)で投入し、それぞれの特徴を活かしました。

ココナッツミルクの甘みとスパイスの香り、カキの旨みがマッチしたカレーです。


野菜を入れる場合はしし唐、エリンギがよく合います。
※レシピには入っていません

[ 栄養成分(1人前) ]

エネルギー(ライス抜き) たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
525kcal 13.8g 37.5g 32.7g 3.9g
  • ※分量は目安です。
  • ※“さじ”はすりきりです。

[ 材料(5人前) ]

材 料 分 量
にんにく 3かけ(24g)
しょうが 2かけ(30g)
玉ねぎ 中2コ(400g)
トマト 中3コ(450g)
カキ 25粒
トマトピューレ 100g
プレーンヨーグルト 150g
ココナッツミルク 162g
200g

[ スパイス・調味料(5人前) ]

スパイス・調味料 分 量
ターメリック(粉) 小さじ1と1/2
クミン(粉) 小さじ2
クミン(ホール) 小さじ1/2
コリアンダー(粉) 大さじ3
カルダモン(ホール) 5粒
カイエンペッパー 小さじ1/2
パプリカ(粉) 小さじ1/2
ローリエ 5枚
マスタードオイル 100g
ブラックペッパー
(ホール)
5粒
10g
ガラムマサラ 小さじ1
小麦粉(カキ用) 適量
バター 30g

[ 下ごしらえ ]

  • にんにく、しょうがはみじん切りにする
    玉ねぎは粗めのみじん切りにする
    トマトは1.5㎝角に切る
    カキはざるに入れて軽く洗いして、水気を切る
    スパイスを計量し、小皿に用意する

    POINT
    スパイスは事前に計量し、小皿に用意しておきましょう。ビンからそのまま振り掛けると、鍋から出る蒸気でスパイスがしけってしまいます。また、はかりながら入れると時間がかかり、鍋を焦がしてしまいます

[ 作り方 ]

  • 1

    厚手の鍋にマスタードオイルを入れ中火で熱し、薄煙が出てきたらいったん外して温度を下げる。
    クミン(ホール)、ブラックペッパー(ホール)を入れ、再び熱して香りを出す

    POINT

    マスタードオイルを使うと香りよく仕上がります。なければサラダ油でも大丈夫です。
    油でスパイスを熱することで、スパイスの香りを油に移します

  • 2

    玉ねぎを加えて強火で炒める。透明になってしんなりしたら中火にし、混ぜながら、透き通って色づく程度まで20~30分炒める

  • 3

    にんにく、しょうがを加えて2~3分炒める

  • 4

    ターメリック、クミン、コリアンダー、カイエンペッパー、パプリカ(以上粉末)、カルダモン、ローリエ(以上ホール)を加え、焦がさないようにかき混ぜながら2~3分炒める

  • 5

    トマト、トマトピューレを加え、よく撹拌したヨーグルトとココナッツミルクを加える

  • 6

    弱火で約10分煮詰める

  • 7

    水を少しずつ加えた後、塩を入れて弱火でさらに約20分煮込む。とろみがでたらガラムマサラを加えて2~3分煮込み、火を止める

    POINT

    水は馴染ませるように少しずついれていきましょう。一気に入れてしまうと鍋の温度も下がってしまいます

  • 8

    カキは小麦粉をまんべんなくまぶしてはたく。
    フライパンにバターを溶かし強火でソテーし、2~3分で火を止める

    POINT

    カキは生食用の場合はサッと火を通す程度、加熱用の場合は両面を軽く焼きましょう

  • 9

    7を再び火にかけて、8のカキを入れる

  • 10

    カキの身がしまらないうちに火を止めて、鍋にフタをして約30分ねかせる

  • 11

    温めて盛り付けする

ページTOPへ