中村屋サロン美術館は年2回程度の特別展と、年数回のコレクションを中心とした展示を実施いたします。

【開催中の展覧会】

コレクション展示(7月21日~9月9日)

中村彝《小女》 1914年
  中村彝《小女》 1914年

  中村屋サロン

明治末から大正、昭和初期にかけて、新宿中村屋には多くの芸術家・文化人たちが集いました。
「コレクション展示 中村屋サロン」では、新宿中村屋にゆかりのある芸術家たちの作品を中心に、所蔵作品をご紹介しています。

基本情報

会期
2018年7月21日(土)~9月9日(日)
会場
中村屋サロン美術館
開館時間
10:30~19:00(入館は18:40まで)
休館日
毎週火曜日(火曜が祝日の場合は開館、翌日休館)
入館料
300円
※高校生以下無料(高校生は学生証をご呈示ください)
※障がい者手帳ご呈示のお客様および同伴者1名は無料

みどころ

【展示室1】
 今回の展示では、中村屋裏のアトリエで創作活動を行っていた中村彝、柳敬助などの作品を展示します。
また、フランス留学中に荻原守衛(碌山)と親交を結び、帰国後は太平洋画会で彝や中原悌二郎、鶴田吾郎らを指導した中村不折の水墨画7点をお楽しみいただきます。

主な展示作品

中村不折《山水》

柳敬助《南薫造像》

吉田博《ラフォールの回教寺院》
1930年

 同時開催(展示室2)

新収蔵作品 アンリ・リヴィエール『エッフェル塔三十六景』展示
 19世紀末頃より、中村屋サロンの芸術家である荻原守衛、高村光太郎、斎藤与里らが、本場の教育をうけるために芸術の中心地パリを目指しました。その時代のパリを描いた『エッフェル塔三十六景』は、北斎の『冨獄三十六景』の影響下に制作された作品です。当時のパリの風景を知ることができるという点で、歴史的資料としても価値が高く、中には、荻原が通ったロダンのアトリエがあるムードンの風景も見ることができます。サロンの芸術家たちが見たであろう風景をお楽しみください。

主な展示作品

《扉絵》

《ポワン・デュ・ジュール
(夜明け)より》

《バ・ムードン駅より》

  • 過去に開催した展覧会のご紹介          イベントのご案内はこちら
ページTOPへ