おいしさと安全・安心のために

安全・安心についての考え方

中村屋グループでは、お客様に安心してお召し上がり頂ける商品を提供するために、原材料の調達から生産、流通、販売にいたる全ての部門、現場で、品質方針、お客様満足のための行動指針に基づいて品質保証体制を築き上げ、自主的に食の安全・安心に取り組んでいます。さらに、お客様から日々寄せられるご指摘やご意見、ご要望に真摯に目を向け、中村屋グループ全体で共有化し、商品やサービスの迅速な改善に結びつけています。

【品質方針】
「中村屋グループは、開発から販売・サービスまでの全ての活動において全従業員がお客様視点に立った品質保証を徹底することで、信頼され満足いただけるおいしさと安全・安心な商品・サービスをお届けします。」
【お客様満足のための行動指針】
  1. 1.決して妥協せずに安全・安心を最優先します
  2. 2.開発から販売・サービスまでの全ての活動において、お客様視点による品質管理を徹底します
  3. 3.お客様の声に真摯に耳を傾け、継続的な品質改善を徹底します
  4. 4.常に品質の水準を高めます (品質=製商品、サービス、仕事)
  5. 5.正確でわかりやすい情報を積極的に提供し、お客様の信頼にお応えします
  6. 6.法令順守を徹底します

品質保証推進組織

お客様に安全・安心な商品をお届けし続けるためには、商品に関する全ての段階(企画、開発、調達、生産、物流、販売、サービス、お客様対応)で相互に良好なコミュニケーションを実施する必要があります。
 中村屋グループは以下の体制のもと、品質保証を推進しています。

  1. 1.トップを議長とする「品質会議」を組織し、品質方針の制定、課題への対応、安全性、法令適合性と公正性が確認された商品、サービスの提供を目指した全体の品質保証活動の推進を実施しています。
  2. 2.品質保証活動を強化していくために、各部門から選任された品質保証の担当者が参加する「QA担当者会議」を設置し、課題の抽出と対応策などの協議、情報の共有化などを行っています。
    全ての段階における品質保証活動を円滑にさせ品質保証水準の向上を目指しています。
  3. 3.お客様サービスセンターではお客様からのお問い合わせやご意見・ご指摘いただいた内容をデータベースに登録し、「お客様の声」として経営層から全社の各部門にフィードバックし、情報を共有することで商品、サービスの改善と向上に役立てています。商品や店舗の情報をはじめ、原材料についてのお問い合わせにも迅速に対応することで、お客様とのコミュニケーションを大切にしてお客様満足へとつなげています。

中村屋グループの品質保証の取り組み

中村屋グループではおいしさと安全・安心の実現のため、商品、サービスの特性に応じた基準やルールを明確にし、事業ごとに、商品の開発からお客様対応まで、全てのプロセスで品質保証活動を実践しています。
 以下、確かな品質を作るための取り組みをいくつかご紹介いたします。

【おいしさの追求】
pick up! 中華まんの酵母

酵母の培養

中村屋の中華まんの特徴の一つが、ふんわりと柔らかい食感の皮。その食感は酵母の発酵によりもたらされます。発酵は同時に複雑な風味、つまり味と香りを生み出します。原料となる酵母、そして発酵の研究を進め、個性ある商品開発につなげています。


pick up! おいしさの研究

食品香気の研究

中村屋では商品のおいしさの解明に取り組んでいます。
訓練された専門パネルが人間の感覚を用いて評価する官能評価で商品の個性(品質特性)を明確にし、実際に人が食べた時にどのように感じるかを分かりやすい言葉で表現します。
一方で、機器分析により味や香りに寄与する成分や食感の数値化を行います。
 官能評価と機器分析の結果を結びつけて商品の個性を数値化することで、おいしい商品の開発をバックアップしています


【安全・安心の追求】

健康に害を及ぼすおそれのある要因には、生物的危害・化学的危害・物理的危害の3つが挙げられます。

●生物的危害への対応

生物的危害とは、人の安全性に直接関係する食中毒細菌・ウイルスなどの病原微生物、商品の腐敗や変質をもたらす微生物による危害を指します。中村屋ではHACCPシステムの考え方や微生物検査などを活用し、自主的かつ迅速な対応で安全性を確保しています。

pick up! 食品安全管理システムの導入

HACCPシステムの考え方

原料の受入から製造・出荷まで、食品の製造工程のすべての段階で発生するおそれのある微生物汚染、異物混入などの危害を分析し、それを防止するための重要管理点を設定します。そのポイントを連続して監視、安全を確保する衛生管理のしくみです。

pick up! 食品の安全性確認

微生物対策

安全性を脅かす細菌やウイルスの制御のため、食品衛生の三原則(清潔、迅速、加熱または冷却)を守るとともに、「持ち込み防止」を加えて危害防止に努めています。また、原材料から最終製品まで、各種の微生物検査を実施しています。

●化学的危害への対応

化学的危害とは、原料に由来する残留農薬、アレルギー物質、放射性物質や製造現場で使用される洗剤などの化学物質による危害を指します。中村屋では食品への混入、汚染がないよう原料・製品の検査を行い、現場内の化学物質を管理して安全を確保しています。

pick up! 食品の安全性確認

残留農薬に対しては、 野菜の輸入原材料を主体に、原材料メーカーからの分析証明書と自主検査によるダブルチェックを行なっています。アレルギー物質に対しては、原材料メーカーからの規格書情報と製品・工程の検査を行い、安全性を確認しています。放射性物質に対しては、放射線測定器による 原料水や製品などの自主検査を行い、安全性を確認しています。

●物理的危害への対応

物理的危害とは、金属片、プラスチック片などの混入による、健康への危害や、毛髪、虫など不快な気持ちにさせる異物の混入などを指します。中村屋では製造現場の安全な環境を確保する仕組みを運用して異物の付着、混入を防止しています。

pick up! 食品安全管理システム(AIB国際検査統合基準)の導入

安全・安心を確保する取り組みとして「AIBフードセーフティ指導・監査システム」を導入。適切な管理を行い、食品の安全管理体制を強化しています。


※AIBフードセーフティ指導・監査システムとは、異物混入事故の防止、製造現場の自主検査を重視した
危害防止のシステムで、この仕組みを主体に食品安全衛生管理体制を整えています。
基準が正しく守られているかを第三者が評価します。
pick up! 食品防御

意図的な異物混入などを未然防止するフードディフェンスとして、従業員とのコミュニケーション強化、
不審者侵入防止、監視カメラの導入などで食品危害管理の取組みを実施しております。

ページTOPへ