働く皆さんとともに

多様な人材の活用・育成


【人材の採用・登用】

人材の採用・登用について男性女性とも同様の基準で実施しています。


【女性の活躍推進】

女性の働きやすい環境を整備し、家庭、育事と仕事の両立を支援しています。
2017年4月現在、女性の管理職比率は11.26%となっています。


【障がい者雇用の促進】

配属先の職場巡回や障がい者雇用委員会を2ヵ月に1回開催し、障がい者の雇用・定着に努めています。
2016年度の障がい者雇用率は2.36%となっています。


【高齢者雇用】

定年退職者の再雇用制度を整備し、希望により65歳まで再雇用することで、多くの方が活躍しています。


【人材育成】

入社時の基礎教育から段階的に職位別研修を実施しています。また、若手向け研修や営業・生産などの
職種別研修、ライフプランセミナーなど、積極的な人材育成・支援を行なっています。


【自己啓発の援助】

自己啓発を推奨し、幅広い通信教育講座を用意するとともに、修了者への援助給付・表彰を実施しています。

労働環境の整備

【育児・介護支援】

育児休業・介護休業ともに法定を上回る基準で取得できる制度を導入しています。
また小学4年生修了時まで取得可能な短時間勤務制度など、次世代育成の様々なニーズに応えています。


【安全衛生活動】

東京事業所の安全衛生委員会

法定の事業場安全衛生委員会活動に加えて、全社的な安全衛生委員会や
産業保健室を設置して、安全衛生活動の社内水平展開や従業員の健康の保持・
増進を図っています。


【ボランティア休暇制度】

 従業員のボランティア活動を支援するため、希望者に年5日間のボランティア
休暇を付与しています。


【リフレッシュ休暇】

 勤続20年を迎えた従業員の方を表彰するとともに、年2日のリフレッシュ休暇を付与しています。

ページTOPへ