株主・投資家の皆様へ

新たな価値の構築とさらなる発展を目指して

中村屋グループは「新たな価値を創造し、健康で豊かな生活の実現に貢献する」を経営理念に、時代のニーズに対応する様々な事業活動を推進してまいりました。

現在、菓子・食品業界はマーケットの成熟化や消費者の購買基準の変化に伴い、企業間競争が激化しています。また、流通構造の変化、原材料価格やエネルギーコストの上昇による収益の圧迫などに加え、食の安全・安心もより一層求められています。
このような環境においても新たな価値を創造し続け、ステークホルダーへ利益還元を図るため、当中村屋グループでは「中期経営計画2015-2017」を策定しました。「事業構造改革による現状打破を実行し、収益体質の強化と成長軌道への転換を図る」を中期ビジョンに掲げ、5つの中期経営方針「顧客視点の経営」「強みへの集中」「品質保証の徹底」「生産性の向上」「人材の育成」に基づいた戦略・施策に取り組みます。

具体的には、「『選択と集中』の徹底と実行」を基本とし、各事業の強みを活かしたビジネスに経営資源を集中させます。また、同時に、不採算ビジネスの整理を進め、その資源を成長可能性の高いビジネスへとシフトさせることで収益力の強化に取り組みます。一方、成長性については、堅調に推移するコンビニエンスストア販路や今後の伸びが期待できる健康食品市場など、成長マーケットに向けて当社の企画開発力・技術力・営業力を最大限に発揮し、スピード感をもって働きかけることで新たな市場や顧客の拡大を図ります。

併せて、AIB国際検査統合基準に基づく食品安全管理システムの強化や事業継続計画(BCP)の実効性の向上など、企業基盤の安定化に努めるほか、当グループならではの社会貢献活動に取り組み、企業としての社会的責任を遂行します。

 

これらの取組みを全社一丸となって追求・実行することで経営理念を具現化し、社会にとってより存在価値のある会社を目指します。

  • 2015年6月
  • 代表取締役社長
    鈴木達也
ページTOPへ