株主・投資家の皆さまへ

代表取締役会長

鈴木達也

代表取締役兼社長執行役員

島田裕之

中村屋は1901(明治34)年、東京・本郷にパン屋として誕生しました。その後、菓子の販売、レストランの開設、外食産業向け食材の卸、菓子・食品の納品等事業を拡げ、現在に至っています。創業者の相馬愛蔵、黒光夫妻は商売の経験はありませんでしたが、独創性を発揮し良い品を適正な価格で提供すること、社会奉仕の精神で経営を行い、お客さまからの信頼とご愛顧をいただいてまいりました。

2021年12月、当社は創業120年を迎えました。

これを機に、創業者の信念を今一度心に刻み、これからの新たなニーズにお応えしていくために、理念体系を刷新しました。新しい経営理念は「真の価値を追求し、その喜びを分かち合う」です。中村屋は創意工夫と挑戦で、これからのくらしに溶け込む、喜んでもらえる食を提案することで、理念の実現を目指してまいります。また、お客さまの「おいしい!」という体験を持続的に提供できるよう環境に配慮するとともに、関係するステークホルダーの皆さまとの信頼構築に努めます。その結果として適正な利益を生み出し、株主さまへの還元を行います。おいしい食の提案によりささやかな幸せをお届けし、そのことを通じてステークホルダーと喜びを分かち合える会社を目指してまいります。

今後とも一層のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2022年6月

ページ
トップ