島貫兵太夫しまぬき ひょうだゆう

島貫兵太夫とその妻

少年時代

島貫兵太夫は慶応2(1866)年8月18日、陸前国名取郡岩沼本郷に生まれました。父の資澄は仙台藩士でしたが、戊辰戦争後、仙台藩の下級武士の多くは帰農を余儀なくされ、島貫家も例外ではありませんでした。資澄は農業が苦手、また凶作にもみまわれ、島貫は貧しい少年時代を送ります。また、5歳の時には母と死別。しかし、この少年時代の家庭の逆境が、後の力行会設立につながっていきます。
 島貫が9歳の時、岩沼にも小学校が出来ますが、貧しい島貫家には小学校に通わせるだけの財力はなく、14歳までの間を親戚の産婦人科医のもとで過ごします。しかし14歳の時、父に無断で小学校へ入学、今まで抑えていた“勉強がしたい”という気持ちを一気にはきだし猛勉強した結果、1年半後には首席で卒業します。そして、明治14年には小川小学校の助教になり、訓導資格試験を受け、教育への情熱を燃やしていきます。

キリスト教との出合い

島貫とキリスト教との出合いは岩沼小学校の初等訓導になった頃に訪れました。明治15年、押川方義らがキリスト教の伝道を開始、信者は瞬く間に増え、岩沼小学校の教員のなかにも熱心な信者が現れます。島貫はその人を軽蔑していましたが、ある時その人に「あなたはキリスト教を知りもしないで馬鹿にしている」と非難されます。そこで「じゃあよく知った上でもっと悪いところをあげてやろう」と思い、キリスト教の研究を始めます。しかし、馬鹿にするどころか逆に感銘をうけ、熱心な信者となり、伝道につとめるようになります。

仙台神学校・東北学院時代

明治19年仙台神学校(明治21年東北学院と改称)に入学した島貫は、最初の神学生としてキリスト教の研究を始めます。この頃に星良(黒光)との出会いがありました。良はよく仙台神学校の日曜学校に参加し、島貫から教えをうけていました。そこでキリスト教に目覚めた良は、のちに洗礼を受けます。また島貫のすすめで相馬愛蔵と交際するようになります。 
 在学中、郷里の岩沼から出て来た二人の少年の面倒を見たことを手はじめに島貫は苦学生の世話を行うようになります。これが後に日本力行会の基になります。明治25年には東北救世軍の結成、長期休暇を利用した東北・朝鮮の伝道旅行など精力的に活動。この活動を通し、“貧民に対する同情がなくては伝道は不可能、まずは貧民の救済をすべきだ”と意を強くしました。

日本力行会の設立

明治27年、東北学院卒業後上京した島貫は、押川とともに朝鮮人教育を目的にした大日本海外教育会の仕事を行います。そして明治30年元日の朝、挨拶まわりをしていた島貫は、救世軍の新年伝道隊の活動をみかけ「挨拶回りしている場合ではない。苦学生のために動かなければ」と決心。苦学生救済の事業開始を宣言します。苦学生救済会として発足し、33年には「苦学力行」からとった日本力行会と改名。苦学生を救うための移民事業に力を入れます。また、苦学生支援の一方で、のちに力行会内に力行教会を創立し伝道との一体化を図り、『力行会とは何ぞや』『新苦学法』などを出版、執筆活動にも力を注ぎました。

大正2年9月6日に47歳で肺結核が原因で亡くなりますが、葬儀の参列者は500人以上にのぼりました。東北学院長 シュナイダー博士の弔詩によると力行会の会員は一万人を超え、島貫の人格を絶対献身と自己犠牲が際立っていると讃えています。このことからも、島貫兵太夫が無限とも思える献身的な活動によって救った苦学生の多さが分かります。

ページTOPへ