食べごろでご提供

出来たてをご提供

「カレーは一晩寝かせた方が美味しい」、こんな言葉、よく耳にしますよね。でも中村屋のカリーにおいては、一晩寝かせるなどもってのほかです。

スパイスの香りを大切にする中村屋では出来上がった時のカリーが完成品。長くおいたり煮込み直すと、せっかくのスパイスの風味がとんでバランスが崩れてしまいます。 また、煮込みすぎると鶏肉が硬くなりパサついてしまうのも煮込まない理由の一つです。

中村屋では、出来たてのインドカリーをご提供しています。そのため調理は時間帯によって20~200人前に食数を調整。言うのは簡単ですが、切らしてはいけないし、余り過ぎてもいけない、そこにはデータの蓄積と料理人の勘が存在するのです。

おいしさを一番引き出す温度でご提供

こだわっているのは提供時間だけではありません。一番美味しい時に、一番美味しい状態で召し上がっていただきたい、そんな思いから、提供する際の温度にもこだわりを持っています。

勿論、ソースポットとお皿は暖めておきます。そしてカリーは約85℃、ライスは約60℃に温度管理しています。口に運んだ時丁度良い温度で、スパイスの香りが口の中いっぱいに広がるように工夫しています。素材、調理、提供すべてにこだわりを持ってこそ美味しいインドカリーが生まれるのです。

ページTOPへ