クリームパン

クリームパンの元祖は中村屋

日本の3大菓子パンといわれる"あんぱん""ジャムパン""クリームパン"。あんぱんの元祖が木村屋さん(明治7年発売)ということはよく知られていますが、クリームパンについてはあまり知られていないようです。実はクリームパンの元祖は中村屋なのです。

創業者夫妻はある日、初めてシュークリームを食べてその美味しさに驚きます。そしてこのクリームをあんぱんの餡のかわりに用いたら、一種新鮮な風味が加わって、あんぱんよりも少し高級なものになると考えたのです。また、子供にとっては、小豆と砂糖だけの餡よりも、乳製品を使ったクリームのほうが栄養価の面で良いのではないかという考えもありました。早速作って店に出してみるとこれが大好評。明治37年のことでした。また同じく、そのクリームをジャムのかわりに用いたワッフルも発売しました。

ちなみにジャムパンの元祖はこれも木村屋さんで明治33年に発売されました。

元祖クリームパンは柏餅型!?

柏餅型のクリームパン
表面に切れ目は入っていません

菓子パンの形を想像してみてください。あんぱんといえば"へそ"、クリームパンといえば"グローブ型"が思い浮かぶのではないでしょうか?しかし、クリームパンは売り出した当時は"柏餅型"だったのです。中村屋に現存する営業案内の写真では、切れ目のない半円の形をしたクリームパンがはっきりとわかります。

ではなぜ切れ目が入り、なぜグローブ型になったのでしょうか?
理由は諸説ありますが、その一説をご紹介します。

「あんぱんやジャムパン、クリームパンのような中身に”あん”を詰めたパンは、細心の注意を払っても、発酵段階で中に空洞が生じてしまうことがあります。それが原因で品質が落ちてしまう事はありませんが、お客様に損したような感じを抱かせてしまうのも事実です。そこで空洞が出来ないように空気抜きとして切れ目をいれた結果、見た目がグローブ型になった」

この説によるとグローブ型に作ったのではなく、結果的にグローブ型になったようです。

ページTOPへ