相性バッチリの薬味

きゅうりの酢漬け“アグレッツィ”

アグレッツィはロシアの漬物で、きゅうりの酢漬けのことです。ハンバーガーに入っているピクルスといった方が馴染みがあるでしょうか。なんでインド料理であるカレーの付け合わせにロシアの漬物?!と思われるかもしれません。これは創業者の国際的な交流の賜物でした。

創業者の相馬黒光は、ロシア文学に興味を持ち、また、ロシア(現 ウクライナ)の盲目の詩人 ワシリー・エロシェンコの面倒をみていました。エロシェンコと生活を共にするうちに、ロシアの生活文化やロシア料理に触れ、アグレッツィにも出合ったのだと思われます。アグレッツィの爽やかな酸味と歯ごたえは、カレーの辛さを和らげ、後味をさっぱりさせます。中村屋に、そして創業者夫妻のもとに、いろいろな芸術、文化が集まり、中村屋サロンとして一体となったように、たくさんの国の料理が集まり中村屋のレストランが出来たのです。

ちなみに、ボルシチもエロシェンコとの出会いをきっかけに発売された料理のうちの一つです。

カリーにアクセントを加えるチャツネ

アグレッツィのほかにオニオンチャツネ、マンゴーチャツネ、らっきょうなどをご用意しています。らっきょうはカレーの付け合わせとしてお馴染みですが、チャツネって何?と思われる方も多いはず。チャツネとはヒンディー語で薬味を示す言葉で、マンゴー、りんごなどの果物を、酢、唐辛子、しょうがなどの調味料で漬けた、甘辛く、酸味のある漬物のことです。中村屋では自家製のチャツネを2種類ご提供しています。オニオンチャツネは唐辛子の辛さの中にもほんのり玉ねぎの甘さがあり、マンゴーチャツネはマンゴーやチーズなどをワインビネガーで漬けた酸味のあるピリッとした一品です。カリーと一緒にぜひお召し上がりください。

  • ※平成26年10月29日オープンの新宿中村屋ビル地下2階「レストラン&カフェ Manna」でお召し上がりいただけます。詳細はこちら

ページTOPへ